北海道の玄関 新千歳空港 国際線

北海道の玄関 新千歳空港

北海道にいく場合、ほとんどは飛行機ですよね。
2018年の北海道を飛行機訪れた人は、2400万人。
そのうち80%は飛行機でした。海外からはほとんど飛行機ですね。

国際線のゲートをスタートとして、北海道の窓口、新千歳空港を紹介します。

国際線到着ゲート

ここが国際線の到着点。
ツアーのお客様は、ここでガイドと出会うはずです。

到着フロアーは2階です。

このあとバスでの移動の方は、右手に進みます。
電車や国内線に乗り換える場合は、まっすぐ進みます。

バス乗り場

エスカレーターで一階に降りたところがバス乗り場です。
団体の方やツアーの方がたくさん待っていました。

2階の連絡通路

到着ゲートからまっすぐ進むと、動く歩道が待っています。


長く座っての移動で疲れた体にはありがたい配慮ですね。
通路の両側にはシュタイフ社の等身大ぬいぐるみがずっと列んでいます。
お出迎えとしてはあまりにもさっぱりしていて、びっくりするかもしれませんね。

通路が終わると、北海道みやげのフロアーになります。 右側がスイーツ中心、左側が生鮮食品中心のフロアーです。

電車で移動 JR新千歳空港駅

駅は地下1階フロアーにあります。
通常時は15分に1本程度、快速エアポートと呼ばれる札幌、小樽行きの快速電車がでていますので、すぐ乗ることができます。到着便が多い場合は、座れないことも多いので、どうしても座りたい方はUシートと呼ばれる予約席をとりましょう。もしくは1本待ってのるとよいでしょう。
札幌までは1時間弱です。

 

3階スマイルロード

帰りの際には、3階スマイルロードで思い出を・・・

国際線につながる連絡通路の3階はスマイルロードと呼ばれるテーマスペースとなっています。ROYCE、ハローキティ、ドラえもん、北海道・日本が誇るブランド・キャラクターをテーマとした施設が列んでいます。搭乗まで余裕がある場合は、ここで遊ぶのもよいと思います。

ただし・・・・
国際線の搭乗口、出国審査はかなり込んでいて、相当余裕を持たないと危ないです。早めに搭乗口にいってくださいね。

北海道の玄関、新千歳空港そのものもとっても楽しいです。
北海道を代表する場所ですから・・・・。