札幌雪まつり つどーむ会場

2018年3月4日

札幌雪まつりといえば、大通り公園の雪像が有名ですね。

でも、家族連れが楽しむとしたら、こちらがおすすめ。

つどーむ会場です。

テーマは雪遊び

つどーむ会場では、雪遊びがメインになります。

そりやゴムボート、氷の滑り台が楽しめます。

子供は雪遊びの準備として、完全防備で行ってください。

スキーやスノボするイメージですね。ブーツもしくは長靴、手袋、帽子は必須です。

雪遊びどんなのがあるの?

氷の滑り台

長さ10mくらい。ツルツルなので結構スピードでます。平日の夕方だったので、何本も滑っていました。待ち人数も5人くらい。

近くの小学生たちが放課後に来ていた感じです。雪の上に着地するので、安心です。途中であまりに人数が少なく、2本あるうちの1本がクローズました。

チューブのそりとスライダー

タイヤチューブにのって、20mほどの坂を駆け下ります。自分でチューブのそりを持って階段を登るのが、いい運動になります。

子どもはおにいさんやおねえさんが手伝ってくれるので安心です。なぜかどん兵衛の協賛です。幼稚園や保育園児くらいでも、安定して滑れます。その横には小型のハンドル付きそりで遊ぶスライダーもありました。こちらはバランス感覚が必要で、小さな子は苦戦してました。小学生くらい向けですね。

   

他には‥?

ゴムボートをスノーモービルで引っ張るスノークラフトがあります。乗っているときに記念撮影してくれます。

ちょっと高かった気もしますが、記念に購入。

去年は、ドラえもんのカチコチ大作戦とのコラボで、迷路がありました。

また、つどーむ内では、グルメイベントもやってます。

心配なアクセスは?

地下鉄栄駅からシャトルバスが出ています。片道100円。小学生以下は無料です。

車で行きたい!という方は、近くのイオン駐車場がおすすめです。

イオンを使わない人も使用可能で、1時間無料、その後30分200円です。イベント日は最大料金の適用がないので注意してください。

イオンでお買い物すると、3時間無料なので、後で何か買ってもいいですね。

空港からアクセスできる?

我が家は空港から直接アクセスしました。ギリギリ最終のシャトルバスに乗り、楽しみました。

こんな感じのスケジュールです。これがギリギリライン。おすすめできませんが、ご参考に。

13:45 新千歳空港に到着して、予約してあったトヨタレンタカーにバスで移動。

14:30 車に乗り込み、出発。やめようか〜?と悩んだのですが、向かってみる事にしました。

15:30 イオンに到着。急いで着替えをして、シャトルバス乗り場に向かいます。

16:00 最終のシャトルバスに滑り込み。

さすがにギリギリすぎました。

でも、ついてから2時間ほど、空いていたおかげで楽しめました。

午前中着の便なら余裕を持ったスケジュールで楽しめます。

おすすめの日取りや時間は?

やっぱり平日がおすすめですね。大通りの雪まつりが始まる前から、つどーむ会場はやっているので、

この時期がベスト。さらに夕方は空いていました。

ほとんど並ぶこともなく、どのアトラクションも5回くらい遊べました。

会場スタッフにも聞きましたが、土日は長蛇の列とのこと。アトラクションを楽しむなら、この日取りがベストです。

ただし、グルメイベントとかは、楽しめる日程ではないので、これも楽しむためには、平日のお昼くらいから参加が良いですね。

最後に、寒さへの準備はしっかりと!

寒いです。北海道をなめてはいけません。子どもたちは動き回るので良いかもしれませんが、大人はとにかく寒いです。

万全の準備でお出かけください。